オープン戦

本日は「八千代中央シニア」さんとのオープン戦です。

扇グラウンドで行われました。 


1年生だけで初めてのオープン戦。八千代中央シニアさんと3試合。それぞれの選手が初めて出る中学硬式野球のデビュー戦。緊張もしていた選手も多かったけれど、チームとしてよく声を掛け合えた試合だったと思う。ヒットを打った選手、打てなかった選手。エラーをしてしまった選手、しっかりアウトにできた選手。投手もストライクを先行できた選手、なかなか思うようなピッチングをできなかった選手。個々で色々課題もいっぱいあるけれど何よりも怪我や学校の事情等で来れなかった選手の分まで全員ハツラツと試合をできたことが一番の収穫だったと思う。


監督から以下の3つの課題をもらったと思う。


①投手はテンポよく投げる(捕手も早くサインを出す)

②守備は1歩目を早くスタート切る(投手が投げるすべてのボールに対して)

③バッティングはまず試合でスイングを100%で振れるようになる

この3つを1年生全員の課題として週末から取り組んでいこう。


これからもどんどんオープン戦が入ってくるので常に大会、試合の為の練習、過程と準備を大事にして失敗を恐れずチャレンジを続けていこう!

最後に試合ができるのも君たちのお父さん、お母さんが朝早くからお弁当を作ってくれてグラウンドの設営、準備、試合のアナウンス、審判などのお手伝いをしてくれるから試合ができることへの感謝の気持ちを忘れずに3年間野球に取り組もう!

八千代中央シニアさん、本日はお越しいただき練習試合誠にありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー