オープン戦

本日は「新宿シニア」さんとのオープン戦です。

扇グラウンドで2試合行われました。


第1試合(2年生中心)

バッテリー:瀧口・山中・中尾ー矢野・安岡


3回裏、ノーアウトランナー1塁、中尾のライト線へのあたりで1塁ランナーが3塁まで進めずノーアウト1・2塁。2アウトになるも田中のセカンドの頭を超えるライト前で2塁走者がホームへ行けず3塁止まり。そのあと続かず結局この回0点。流れを持ってこれない後の4回表、フォアボール、フィルダースチョイス、ヒットで3失点。その裏、片倉、加藤のヒット、河田のセンターオーバーの2塁打で1点を取るもノーアウト2・3塁から得点が入らず1点どまり。このままゲームセット。

被安打3で3失点。逆に10本の安打を放つも1得点。走塁ミスや、ここでの1本が出ずに敗戦。

常日頃からの練習の中で自分の壁を超える気持ちを出していかなければ、この壁は乗り越えられない事を改めて痛感した試合となった。選手の奮起を期待したい。



第2試合(1年生)

バッテリー:星野・村松・松﨑・加藤ー工藤・林


4回1点を先制されるも加藤の同点ライト前タイムリー、塁をためて清塚のレフト前タイムリーなどで5得点。5回裏、エラーや連打などで4失点で同点に追いつかれる。同点のまま6回の裏(最終回)先頭の清塚がレフトのエラーで2塁まで進み、秋山のショートゴロの間に3塁へ進塁。6回表から守備に入った村上(純)が2球目のストレートを見事にセンターにはじき返しサヨナラ勝ち。

粘り強く戦い何とか勝利をおさめた。



本日のエキサイティング・プレーヤー


山中 隼斗くん

1試合目4打数2安打。この試合唯一のマルチヒット。2本目はシュート回転するインコースのストレートを下半身の回転、腕を小さくたたみレフト線へ大きなあたりの2塁打。監督からもあの打ち方だからファールにならないあたりだったとコメントをもらえるほどいい打ち方だった。



村上 純太くん

2試合目、6年生であるが途中からセカンドで出場。ゴロを落ち着いてさばきアウトを取るなど基本通りのプレーが出来ている。最終回もランナー3塁で2球目のストレートを強振、センター前にいい当たりのヒットを放ちサヨナラ勝ちの立役者に。まだ小柄ではあるが練習もまじめに取り組み将来が楽しみな選手である。


新宿シニアさん、本日はお越しいただきオープン戦ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー