公式戦

本日は東東京支部秋季大会「東京日暮里シニア」さんとの公式戦です。

葛飾シニアグラウンドで行われました。 


バッテリー:今沢・星野・加藤 ー 林

(大会規定により5回コールド)


1回表1アウト満塁にするも無得点に終わる。嫌な流れではあったが2回表星野が3塁まで進み、熊田が初球をしっかり打ちに行きセンターへの犠牲フライで先制。しかし3回裏先頭打者にツーベースを打たれた後フォアボールで塁がたまり連続ヒットなどで5点を失う。続く4回裏も2点を失い1-7とリードされる。5回の攻撃に入るとき加藤がチームメイトに「簡単にフライを打つな。しっかり叩いて捉えていくぞ!」と声をかえ、先頭打者の熊田がライト前ヒット、浅香が出塁し加藤の右中間へのツーベース、山本のセンター前ヒット、今沢の右中間のツーベース、林のセンター前ヒット、熊田この回2本目のライト前ヒットなど11連続安打を含めて13安打の16得点と全員がやるべきことができたイニングとなった。失点が多く反省点も多い試合だったが、絶対に諦めない、最後までやり抜く、やりきる気持ちが出せた試合だった。



本日のエキサイティング・プレーヤー

熊田 剣心くん

2回の先制点の犠牲フライは初球をしっかり打ちにいってのセンターフライ。2打席目、3打席目とコンパクトなスイングでのライト前ヒット。目立ちはしないが弱音を吐かず、辛い練習にもくらいついてきている日頃の練習の成果がでた活躍となった。アッパレ!


葛飾シニアさん、本日はグラウンド提供ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー