公式戦

本日は東東京支部秋季大会・準決勝「練馬北シニア」さんとの公式戦です。

練馬区営第三グラウンドで行われました。 


バッテリー:今沢・星野・加藤 ー 林


1回裏先頭の浅香がフォアボールで出て1アウト2塁になるが得点できず。2回裏先頭の今沢の左中間へのツーベース、相手のエラーなどで1点を先制し、続く熊田のタイムリーヒットで追加点、なおも満塁で押し出しフォアボールで3点目。ノーアウト満塁が続くが2・3・4番がこの後続くことができず3点止まり。2回まで三者凡退で抑えていた今沢がつかまり、相手のセンターへしっかり打ってくるバッティングで連打を打たれるなど5失点。5回表、相手の先頭バッターが出塁し、ヒットエンドランを仕掛けられレフトの横へ強烈なライナーを山本がダイビングキャッチのスーパープレー。すぐに起き上がりファーストへストライク送球の返球でダブルプレー。流れを渡さないプレーが随所で出て7回までお互い無得点。しかし7回表に1点を取られてしまい最終回、1アウトから加藤のレフトへのヒット、山本もレフト前ヒットで続き2アウト後、星野のライトへのタイムリーで1点を返し、なおも1・2塁のチャンスだったが続く秋山が三振、ゲームセット。決勝進出はならなかった。ただし、最終回の粘りは次につながる意地を見せた回となった。東東京支部 秋季大会第3位。チーム全員で戦った立派な結果となった。


本日のエキサイティング・プレーヤー

山本 龍斗くん

5回のレフト線へのダイビングキャッチからのダブルプレー。日ごろ彼は通常の練習から球際のプレーは絶対に突っ込んで取る練習をしている。思い切ったプレーの結果が出た場面だった。また、4番としてレフト前ヒット、ライト前ヒットのマルチ安打。これもバットを振り続けている結果である。欲を言えば、満塁のチャンスで1本が出るように更に練習して猛打賞、さすが4番と言われる結果を期待している。


練馬北シニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー