top of page

東東京支部 一年生大会(世田谷西TCシニア)

本日は東東京支部 一年生大会の2回戦「世田谷西TCシニア」さんとの公式戦が東練馬シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:池田・村松・塚田 - 中川



初回2アウトを取るも、ヒット、フォアボールの後に先制タイムリーを打たれてしまう。2回に2点、3回に1点を失い苦しい展開。3回の裏、ノーアウト満塁のチャンスを迎え、打者は4番の中川。3-0のカウントでストレートを打ちに行ったがセンターフライ。池田のライト前で1点を返しなおも、1アウト2・3塁。続く秋山がショートへのフライ、内山もセカンドゴロで追加点を奪えず。6回表にも3点を失い、追いつくことが出来なかった。


点差は6点差がついたが内容は点差ほどではなかったかもしれない。しかし、この6点差がチームとして足りない6点。フォアボールの数、残塁の数、野球に「~たら」「~れば」はないが、ここであと1本打っていたら、、、チャンスをものにできなかった分の差が開いたと感じる。この敗戦を糧に、悔しさをバネに1人1人の力をあげていくために、ここからはチームメイトをお互い指摘しあい、つらい練習を一緒に乗り越え、全員が春までに成長していけるようにこの冬の練習をやりきって成長していこう!






世田谷西TCシニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。また、東練馬シニア・連盟関係者のみなさま、本日は朝早くからグラウンド準備・設営など、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


コメント


新着記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page