top of page

東東京春季大会 関東大会代表決定戦(江東シニア)

この日は2024FoseKift杯兼東東京支部春季大会 「江東シニア」さんとの関東大会代表決定戦でした。試合は江東シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:星野・幡豆 - 若菜


2024春季関東大会 出場決定


関東大会の出場を決める代表決定戦。

初回1アウト満塁のチャンスを作るも三振と走塁ミスにより0点で終わってしまう嫌な展開。


3回の表、宮澤が出塁し、相手のすきを突き2塁を狙い、相手の送球ミスを誘って一気に本塁まで帰り先制点を奪う。その後、保田が出塁し2塁まで進むと中田の強烈なレフト前ヒットで保田が生還し大きな追加点を奪う。

しかしその裏、犠牲フライで1点を返され苦しい展開は続く。


5回表、木下がこの日2本目のヒットで出塁すると、保田も出塁、若菜もヒットで出塁。2死となり続く村越がセンターへの2点タイムリーヒットを放ち、欲しかった追加点を奪う。


6回は若菜、中田、北野がランナーを返し、一挙に5点を奪う。投げては星野、幡豆のリレーで1点で抑え見事勝利し関東大会への出場を決めた。


本日のエキサイティング・プレーヤー!


① 中田 心之介くん(2年生)



初回の第1打席のセンター前ヒット、2打席目のレフト前タイムリーヒットとここぞという時に打ってくれる頼もしい4番として活躍してくれた。熱盛!



若菜 小太郎くん(2年生)



第3打席のレフト前ヒット、第4打席の右中間への2点タイムリー2塁打と1・2打席目を修正し対応できた。また、この大会4試合すべてでマスクを被り投手陣を牽引。彼のリードで投手陣を引っ張った。アッパレ!




北野 晴斗くん(2年生)



第4打席、追加点が欲しい場面で1・2打席目詰まっていたバッティングを修正しきれいなセンター前タイムリーヒット。守備では強風の中、右中間の流れる打球を見事なランニングキャッチ。お見事!



細田 悠世くん(1年生)



6回に代打として出場し、2ストライク目の振り遅れを修正した後に放った左中間への大きなエンタイトルツーベースは見事な対応力だった。1年生の主砲としての当たりを見せてくれた。アッパレ!



江東シニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。また、江東シニア・連盟のみなさま、本日は朝早くからグラウンド準備・設営など、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

Kommentare


新着記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page