春季大会(練馬中央シニア)

本日は2018年度・東東京支部・春季大会・第3回戦、練馬中央シニアさんとの公式戦です。

葛飾シニアグラウンドがコンディション不良のため、急遽練馬北シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:大塚・丸橋ー佐林

試合序盤、互いに得点圏へ走者を進めるも好機を活かせず得点板にゼロが列ぶ。

試合中盤、ワイルドピッチや不運なテキサスリーガースヒットなどで小刻みに加点され、試合を優位に進められてしまう。

足立中央打線も得点圏まで走者を進めるもあと1本が出ず、相手内野手の好守もあり、本塁ベースが遠く完封負け、敗者復活戦に回ることとなった。

本日のエキサイティングプレーヤー

富永 新之祐くん

内野ゴロが多かったこの試合、全てにおいて安定した守備を披露。

確実な捕球から的確な送球までもっていく無駄の少ない動作、自信に満ち溢れて見えた。

打っても、変化球に体勢を崩されながらも右手1本で球を運ぶシュアな打撃を披露、複数安打を放った。

今日の「熱盛」プレー!

石田 啓くん

1年生ながら遊撃手として活躍する彼。

思いっきりのよい前に出る守備で、今日も華麗な守備を披露。

ピンチの場面で見せた併殺(4-6-3)の守備は圧巻だった。

打っても、中堅手越えの2塁打を記録、パンチ力のあるところも見せつけた。

今日の「小言」

敗者復活戦のコツは、「負け」をなるべく引きずらず、そのとき得た教訓や学びを忘れないことである。 「ただの負け」ではなく、「意味のある負け」に変えるのだ。

負けるにしても、強かに負けよ。

2018/3/19現在

新着記事
アーカイブ
カテゴリー