夏季大会(座間シニア)

本日は関東連盟・夏季大会2回戦、座間シニアさんとの公式戦です。 鶴見シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:大場・石田ー河辺

0対0で迎えた4回表の相手の攻撃、先発の大場が先頭打者に2塁打を打たれピンチを招くと、送りバントで3塁に走者を進められ、失策により先制点を与えてしまう。

攻撃面では4回、5回と得点圏に走者を進めるも、後1本が出ず無得点のまま最終回へ。

最終回の攻撃、1死から⑨番大河原が粘って四球で出塁すると、すかさず駿足を活かして2塁へ盗塁、1死2塁と1打同点の好機を作り、①番石田の1塁ゴロの間に走者は3塁へ。

2死3塁となり、②番赤池が1塁線に強い当たりを放ち、適時打だと思い一瞬ベンチが沸き立ったが、1塁塁審の手は無情にもファウルボールのジャッジ。

その後、凡退し試合終了となった。

先発の大場は、ストライク先行の安定感のある投球で4回を1安打と試合を作った。

2番手の石田も3回を無安打と、こちらも力投を見せた。

2人の投手で相手打線を7回1安打に抑え込んだが、失策による1点を最後まで跳ね返すことができず敗戦となった。

本日のエキサイティングプレーヤー

石田 啓くん

2番手投手として5回から登板、3回を無安打無失点と力投した。

5回の表、無死1・2塁の厳しい場面でマウンドを引き継いだが、見事無失点に抑え込んだ。

最後の打者を空三振に切って取った伸びのある直球は、捕手のミットに快音を響かせていた。

本日の熱盛プレーその①

赤池 昌紀くん

5回裏、左翼手越えの3塁打を放ち、パンチ力のあるところを見せつけた。

ベルト付近の甘い球を見逃さず、逆方向へしっかり強く叩けた瞬間に熱盛っ!

本日の熱盛プレーその②

チアリーダーな皆さん

ベンチの声が選手たちに届かないくらいチアスプリットあふれる大きな声で声援を送っていたママさんたちに熱盛っ!

鶴見シニアさん、本日はグラウンドを提供して頂き、ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー