秋季大会(目黒西シニア)

本日は東東京支部・秋季大会1回戦、目黒西シニアさんとの公式戦です。 豊島シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:山中ー青木・岡野 山中ー青木、1年生バッテリーで始まったこの試合。

1回、2回と走者を出すも点に結び付けられず、少し重苦しい雰囲気で迎えた3回裏の攻撃。

無死から⑧番青木が安打で出塁し、送りバント、盗塁などで1死3塁の好機を作ると、②番小林が左翼手前に適時打を放ち先制点を挙げる。

4回まで粘投していた山中だが、5回表、突如制球を乱し四球なので無死満塁のピンチを招くと、相手打者の放った3塁ゴロを山岸が併殺を焦り本塁へ悪送球、無安打で同点とされてしまう。

その後、適時打などでこの回一挙4点を献上し、逆転されてしまう。

3点ビハインドで迎えた5回裏の攻撃、先程悪送球の山岸が右翼手前に気持ちで球を運び出塁すると、無死2・3塁の好機を作り、⑨番島岡が右中間へ2点適時2塁打を放ち1点差、さらに島岡を2塁に置いて、①番河田も右中間へ適時2塁打を放ち試合を振り出しに戻す。

同点で迎えた6回裏の攻撃、安打と送りバントなどで1死3塁の好機を作ると、ここを勝負所と見た監督が代打の切り札、名和を打席へ送り込む。

名和は期待応え、中堅手前へ適時打を放ち見事勝ち越しに成功。

7回表の相手最終回の攻撃、得点圏に走者を進められるも、山中渾身の直球で最後の打者を空三振に切って取り、見事勝利を手にした。

先発の山中は1年生らしからぬ粘り強い投球で7回を完投、見事勝利投手となった。

本日のエキサイティングプレーヤー

島岡 諒くん

4打数2安打2打点。

逆転され嫌な雰囲気の中、流れを変える貴重な一撃食らわせた。

守っても、左翼手としてピンチでスライディングキャッチを見せるなど、好守で勝利に貢献した。

今日の「熱盛」プレー!

名和 快翔くん

同点で迎えた6回裏1死3塁の好機、代打で打席に入ると中堅手前へ適時打を放ち、見事ベンチの期待に応えた。

ちょうど一年前のこの大会、試合前のシートノックで顔面に球が当たり、そのまま救急車で病院送りになった苦い思い出をきっと上書きするであろう、素晴らしく貴重な一撃に熱盛っ!

甘い球を一発で捕らえる打撃技術、ここ一番で見せる集中力の高さ、この男、やはり只者ではない。

豊島シニアさん、本日はグラウンドを提供して頂き、ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー