秋季大会(新宿シニア)

本日は東東京支部・秋季大会2回戦、新宿シニアさんとの公式戦です。 江戸川区球場で行われました。

バッテリー:山中・青木・栗原ー岡野

規定により6回コールド 立ち上がり制球の定まらない先発の山中、連続四球と味方失策で塁上に走者を溜めると、⑤番打者に左翼へ適時打を打たれ2点を先制されてしまう。

その裏の攻撃、同じように2つの四球をもらい、1死1・2塁の好機を作るも、④番岡野が外角球に手が出ず見逃しの三振、⑤番栗原は遊ゴロで凡退、点に結びつけることができなかった。

その後も内外野の失策絡みでピンチを広げ点を与えてしまうことが多く、小刻みに加点されてしまい6回コールドで敗戦となった。

東東京支部屈指の強豪チームである新宿シニアさんを相手に、投手を含め5人が1年生と言う先発メンバーで挑んだこの試合、厳しい戦いになると予想はしていたが、個々の選手が一球一球もっと集中し、与えられた自分の役割を理解していれば、もう少し善戦できたのではないかと悔やまれる。

試合終了後、得点掲示板には失策数3と表示されたが、記録として残らない失策数は数知れず、自滅と言わざるを得ない。

この敗戦を課題として捉え、気持ちを切り替え、限られた時間の中で敗者復活戦に向けて精一杯の準備をするしかない。

本日のエキサイティングプレーヤー

栗原 猛くん

4回裏の攻撃、無死1・3塁の好機で打席に入ると、中堅手前にこの試合唯一の得点となる適時打を放ち、初回の好機で打てなかった悔しさを晴らした。

守っては、中堅手として守備範囲の広い安心感のある守備を見せ、投手としては6回表1死2塁の場面で3番手として登板し、2者連続で力ない飛球に抑えピンチを脱した。

打って、守って、投げて、全てにおいて能力の高さを示し、観客席で誰よりも大きな声で応援する母の期待に応える活躍を見せた。

今日の「熱盛」プレー!

中尾 一成くん

2回表相手の攻撃、1死満塁ピンチの場面、相手打者の放った強い1ゴロをしっかり補給し、自ら1塁ベースを踏み1死、間髪入れず本塁へ的確な球を送り本塁でも走者を補殺、見事な併殺プレーを見せた。

1年生とは思えない球際の強さに加え、状況判断能力の高さに熱盛っ!

しっかりと準備していても、なかなかできることではない。

清水審判長、いつもながらの的確でお洒落なジャッジメント、ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー