秋季大会(東京玉川シニア)

本日は東東京支部・秋季大会敗者復活戦、東京玉川シニアさんとの公式戦です。 葛飾シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:山中・青木ー名和 互いに無得点で迎えた3回表の攻撃、1死から⑧番山岸が左中間へ3塁打を放ち好機を作ると、⑨番島岡の遊ゴロの間に山岸が本塁を落とし入れ先制点を挙げる。

その裏、相手の攻撃、安打と失策で3塁に走者を進められてしまうと、内野安打を打たれすぐさま同点に追いつかれると、さらに次の回にも併殺崩れの間に1点を取られ逆転されてしまう。

1点ビハインドで迎えた5回表の攻撃、走者を2塁に置き、②番小林の中堅手前適時打で1点、さらに走者を3塁まで進め、③番岡野に代えて片倉を代打で送り込むと、片倉は期待に応え3塁への内野安打で逆転に成功する。

その裏、相手の攻撃、足を絡められ、守備の乱れから1点を与えてしまうと、右翼への適時打でさらに加点され、再度逆転されてしまう。

6回表の攻撃、1死から⑥番栗原の左翼手前安打で好機を作るも点に繋げることができず、最終回も3人で抑えられてしまい、1点差の接戦をものすることができず敗戦となった。

先発の山中は4回を2失点と粘投を見せ試合を作ったが、5回から登板した2番手の青木が相手チームの「脚」を絡めた攻撃に翻弄され、リードを守り切ることができなかった。

本日のエキサイティングプレーヤー

山岸 吏玖くん

3回表の攻撃、ベルト付近に入ってきた甘い球を見事に捕らえ左中間へ大飛球を放ち、先制点を演出した。

座頭市打法で有名な彼だが、今日はしっかり目を見開いていた。

いい当たりをしたときは、打撃フォームもキレイだ。

期待のかかった次の打席でも、少々形は異なったが、見事に出塁を果たした(笑

葛飾シニアさん、本日はグラウンドを提供して頂き、ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー