春季大会(新宿シニア)

本日は東東京支部・春季大会1回戦、新宿シニアさんとの公式戦です。 板橋シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:山中・保田ー名和 1回裏の攻撃、③番山中、④番名和の連続安打、⑤番島岡が四球を選び、2死ながら満塁の好機を作り打席に⑥番田中を迎えると、心地よい金属音を響かせ2塁方面へ強い当たりの飛球、一瞬走者一掃の長打かと思われたが、相手2塁手がジャンピングキャッチ、無得点で終わってしまう。

そんな嫌な流れで迎えた2回表相手の攻撃、2つの四死球で無死満塁のピンチを招くと、犠牲フライなどで2点を先制されてしまう。

その後は互いに好機を作るも無得点のまま迎えた6回表相手の攻撃、1死1塁から3塁打を打たれ1点、犠牲フライで1点、計2点を取られてしまう。

4点ビハインドで迎えた最終回の攻撃、1死から⑥番田中が3塁線に2塁打を放ち得点圏に走者を進めると、代打宮川もしぶとく右翼手前に安打を放ち1死1・3塁と好機を拡大。

片倉の1ゴロの間に1点を返し、なおも2死2塁の好機で主将小林が左中間へ2塁打を放ち走者を迎え入れ、この回2点を返すも後続が倒れ惜しくも敗戦となった。

毎回のように得点圏に走者を進めるもあと1本が出ず、1点を取る難しさを改めて痛感した試合となった。

先発の山中は伸びのある直球とキレのある変化球を武器に粘投を見せるも、勝利につなげることはできなかった。

本日のエキサイティングプレーヤー

山中 隼斗くん

先発投手として登板し、強力新宿シニア打線を相手に6回まで投げきった。

時折見せる指にかかった直球の伸びは素晴らしく、強打者のバットを空に切らせていた。

打撃面でも強い当たりのマルチ安打を記録する活躍を見せた。

現時点で彼はまだ1年生、このまま正常進化して欲しい非常に楽しみな逸材である。

本日の熱盛プレー!

小林 大悟くん

7回裏2死2塁の好機で打席に入り、右中間へ1点2塁適時打を放ち、この試合一番の見せ場を演出した瞬間に熱盛っ!

この試合、2つの2塁打を含む4打数3安打の猛打賞を記録、主将の仕事だけではなく、しっかりチームを牽引していた。

守備面でも軽快にゴロを捌き、チームに貢献していた。

板橋シニアさん、本日はグラウンドを提供して頂き、ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー