top of page

2023関東連盟夏季大会(取手シニア)


本日は関東連盟夏季大会2回戦「取手シニア」さんとの公式戦です。

取手シニアグラウンドで行われました。

*規定により4回コールド


昨年のジャビットカップチャンピオン、全国大会優勝チームの取手シニアさんに胸を借り、なんとか必死になってくらいついていこうと挑んだ試合。


初回1アウト後、宮澤のセーフティーバントが決まり、続く木下。ヒットエンドランを仕掛けるもセンターに寄ったセカンドへのゴロでダブルプレーとチャンスを広げられず。1回裏、2アウト1・2塁となりショートへのハーフライナーを後ろにそらしてしまい先制点を許してしまう。ピンチは続き、後続をセンターフライに打ち取ったかに見えたが、センターが芝に足を取られ補球できず、打球がセンター奥まで抜けてしまう間に2点を奪われこの回3失点。


攻撃では相手エースの速球になかなか対応できず得点を奪えない苦しい展開。2回に2失点、3回は1失点で抑えるも4回はフォアボールやヒットを打たれて4失点。残念ながら4回コールドでの敗戦となった。

全国大会優勝チームは隙がなく、1つ1つのアウトも確実に取り、走塁、打撃も何枚も上手だった。


3年生は全国に繋がる最後の大会だったがこの敗戦を受け止め、本当に最後である東東京支部大会では優勝目指して最後まで戦い抜いてほしい。2年生はこの試合で全国に出るチームの壁の高さを痛感したと思う。この経験を自身とチームに生かせるよう、更に練習に励んでほしい。


エキサイティング・プレーヤー


萩原 涼翔くん(3年生)

低めを投げて打たせて取る自身の持ち味を意識して先発投手としての大舞台。5失点したものの、彼の自責点は2失点。競合相手に彼の持ち味を出せた内容だった。また、ベンチに下がっても常に声を出し、みんなに声をかけて最後まであきらめず盛り上げた。

背番号「1」としての責任と役割を理解し、行動に移した姿にアッパレ!


取手シニアさん、本日は公式戦・グラウンド提供ありがとうございました。

Comentarios


新着記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page