top of page

2024年関東連盟夏季大会3回戦(武蔵府中シニア)

5/26(日)この日、足立中央は2024関東連盟夏季大会-林和男メモリアル-の3回戦、強豪の武蔵府中シニアとの公式戦が武蔵府中シニアグラウンドで行われました。


バッテリー:星野・北野・中田 - 若菜


関東連盟夏季大会 3回戦


1回裏、先頭の木下が四球で出塁すると、続く保田がヒットエンドランを決め、サードが返球をそらす間に保田が2塁に進みノーアウト2・3塁のチャンス。しかし若菜・中田が倒れ、2アウトになるも5番キャプテン 村越が粘ってセンター前への2点タイムリーヒットを放ち先制する。しかし、2回表2アウト3塁からファースト横へのあたりを中田がファンブルし送球するも判定はセーフ。1点を返されピンチが続き、連打でこの回6失点。5回表もヒット、フォアボールなどが続き8失点。5回裏、上野のレフト前、代打 河内もレフト前、安藤、棚澤が代走で出場し、保田の犠牲フライで1点を返すも最後はショートゴロのダブルプレーでゲームセット。関東連盟夏季大会は3回線で幕を閉じた。


本日のエキサイティング・プレーヤー!


足立中央 村越 海斗くん(3年生)



初回先制点が欲しい中、2アウトになり少し嫌な流れの中、綺麗なセンター前のタイムリーヒットを放つ勝負強さを発揮する所がさすがキャプテン。アッパレ!



武蔵府中シニアの皆さん、本日は公式戦ありがとうございました。また、武蔵府中シニア・連盟のみなさま、朝早くからグラウンド準備・設営など、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

Commentaires


新着記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page