top of page

2024関東連盟春季大会 (東京日野シニア)

この日は2024関東連盟春季大会、「東京日野シニア」さんとの1回戦でした。試合は武蔵府中シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:星野・幡豆・保田 - 若菜



関東大会初戦、2回の表、中田、村越の連続タイムリーなどで5点を先制。2・3回に1失点ずつするも、4回の表、保田がレフト前ヒットで出塁すると、若菜が四球を選ぶ。続く中田がライト前ヒットで繋ぐと、その後も村越もヒット、高橋のセンター前タイムリーでこの回3点。続く5回も若菜の左中間への2塁打、中田のセンター前ヒットなどで2点を追加。


ここまで有利に試合を進めていたが、5回裏、投手陣の乱調にによりピンチが続き、タイムリーなどを打たれ7失点。同点に追いつかれてしまう。


6回の表、2死2塁としたが押しきれずこの回0点。6回の裏、先頭打者に2塁打を打たれ、最後は失点を許し、サヨナラ負けとなった。


どんな状況でも、ミスや少しの油断が流れが相手に行ってしまう野球の怖さを改めて痛感した試合だった。この敗戦の悔しさを忘れず必死に練習して、最後の夏季大会に望んで全国大会に出れるように全員でこの壁を乗り越えよう。









東京日野シニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。また、武蔵府中シニア・連盟のみなさま、本日は朝早くからグラウンド準備・設営など、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

コメント


新着記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page