公式戦

本日は関東連盟秋季大会「熊谷シニア」さんとの公式戦です。

行田市営球場で行われました。 


バッテリー:加藤・松崎・星野-林・工藤


北関東支部優勝チームの熊谷シニアさんに胸を借りるつもりで挑んだ試合。初回連打などで3点を先制される苦しい展開。2、3回とリズムよく加藤が踏ん張り無失点。迎えた4回表、先頭の浅香が死球で出塁、盗塁で2塁まで進み清塚が送りバント。加藤が四球を選び1・3塁。4番今沢のレフト前で相手が後逸する間に加藤も帰り2点を返す。2死後、秋山が3塁の頭を超えるレフト線へのタイムリーツーベースで同点。さらに星野のショートゴロを相手が悪送球をする間に秋山が生還し逆転に成功。しかし、その裏同点にされる。5回表2死後清塚が右中間へのスリーベース。3番加藤のレフト前で再度逆転。しかし5回裏に2点を取られ再度逆転を許し、6回にも3失点。最終回の7回表、2死、1、3塁を作るも最後はセンターフライでゲームセット。善戦及ばず敗戦となった。東東京大会、関東大会を通じて一戦一戦、戦うごとにチームとして、個人としての成長が多くみられる大会だった。


本日のエキサイティング・プレーヤー①

今沢 翔太くん

キャプテンとして常にメンバーを盛り上げ、ムードメーカーとして劣勢になっても気持ちを前面に出してみんなを引っ張った。また、途中怪我もあり出れない時期もあったが、代打の切り札として見せた東村山戦の渾身の右中間へのタイムリーは見事だった。熊谷戦は4番としてレフトへのタイムリーも見事に捉えた。今後もみんなをまとめて更なる高みを目指して頑張ろう!


熊谷シニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー