公式戦

本日は東東京支部・春季大会「荒川シニア」さんとの公式戦です。

江戸川北シニアグラウンドで行われました。 


バッテリー:松崎・加藤-林

7回同点のためタイブレーク


春季大会3回戦。1回表を3者凡退で抑えその裏清塚が出塁すると加藤がカウント2-2から右中間への2点本塁打。2回裏、2アウトから松崎が出塁、熊田がヒットで続き浅香のセンターへのタイムリーで追加点。3回裏加藤が初球をレフトへこの日2本目の本塁打で4-0と序盤はリード。4回表2アウトから調子の良かった松崎だが相手の3番にレフトへ本塁打を打たれ4-1。5回表代打に2塁打を打たれ連続エラー、タイムリーを打たれ2失点。6回表もフォアボールからタイムリーを浴び4-4の同点とされる。7回はお互い点を奪えず8回から1アウト満塁からのタイブレークに突入。8回表1点を取られるも8回裏、先頭の清塚がセンターへフライを打ち若干浅かったが3塁ランナーの秋山がタッチアップ。返球が良かったが秋山が技ありのスライディングでセーフで同点。加藤が申告敬遠で2アウト満塁。一打サヨナラの場面で、バッター今沢。みんなの思いを胸に打席に入り、ライトへのあたりもライトがキャッチし同点のまま9回。フォアボールの押し出しなど4点を取られてしまい、9回裏は跳ね返せるだけの攻撃ができずゲームセット。この試合、敗戦はしたものも選手たちは最後まであきらめず、このような激闘を経験できたことは選手にとって非常に大きかった。ダメ押しの1本が出ず、4・5回の攻撃が単調になったこと等課題もあり更に上を目指すためには投手陣も含めてやるべき練習も見えてきた試合だった。


本日のエキサイティング・プレーヤー

加藤 将稀くん


1打席目、2-2と追い込まれうまくファールでカットしたあと、外角を追っつけての右中間への本塁打。2打席目は初球を狙い撃ち見事なレフトへの大きな本塁打。しっかりとしたスイングもでき、技術も磨かれこの半年さらに成長姿が見えてバッティングだった。守備でも常に野手、ベンチにも大きな声でみんなを盛り上げ、最後まであきらめずプレーし続けた。熱盛!!

荒川シニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。

江戸川北シニアさん、グラウンド提供ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー