公式戦

本日は関東連盟・春季大会「秦野シニア」さんとの公式戦です。

調布シニアグラウンドで行われました。 


バッテリー:松﨑・今沢-林

大会規定により5回コールド


関東大会初戦。初回、2アウトから加藤が出塁するも先制点を奪えず無得点。1回裏先頭打者がデッドボールで出塁するとセカンド強襲ヒットの間にランナーが1塁3塁のピンチ。1アウトを取った後のライトゴロの間に先制点を許してしまうが何とか1点で切り抜ける。2回表先頭の秋山がセンター前ヒットで出塁し続く山本のセカンドエラーによりノーアウトランナー1・3塁のチャンス。続く林のセンターに抜けそうなあたりをピッチャーが取り秋山が飛び出しサードでアウト。後続も続かず無得点。3回表先頭の浅香がくらいついてのセンター前へのポテンヒットで出塁。清塚が送りバントをするも失敗し1アウト。加藤が2球目を強振しセンターバックスクリーンへあと3メートルでホームランのあたりを相手センターが背走し好捕。この回も得点を奪えず。その裏1アウト後甘く入った球を相手1番が逃さず右中間への3塁打。続くバッターも高めに浮いた変化球をとらえ右中間へのランニング本塁打で2点を失う。続く4回裏の先頭打者がフォアボールを選び、連打などでこの回4失点。5回も得点を奪えず関東大会は1回戦敗退となった。走塁ミスや、バント失敗など上部大会になればミスをいかに少なくするか、投手もしっかりとストライクを先行させていく投球をしていかないと勝てないことを痛感した試合となった。最後の夏季大会に向けて全員もう一度やるべきことをしっかりやって泥臭く粘り強くチャレンジ精神で後悔しないプレーをしよう!

調布シニアさん、グラウンド提供していただき誠にありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー