公式戦

本日は東東京支部・秋季大会「江戸川中央シニア」さんとの公式戦です。

荒川シニアグラウンドで行われました。 


バッテリー:清水・幡豆・保田-中島・若菜


東東京支部秋季大会、準々決勝。

1回表、アンラッキーなライト前のポテンヒット、フォアボール、タイムリーで1点を先制され1アウト満塁のピンチが続く。相手の6番を1-2-3のダブルプレーでピンチを乗り切る。1、2、3回の攻撃は毎回得点圏にランナーを進めるも1本が出ず耐える展開。4回まで清水が粘りのピッチング。5回、先頭打者をフォアボールで出した所で幡豆に継投。しかし、相手につかまりヒット3本、パスボール、エラーが絡み4失点の0-5。しかし、あきらめずに食らいつくところが今大会の成長したところ。5回裏、保田のライト前を皮切りに、木下のフォアボール、清水のレフト前、中田のライト前などこの回2点を返す。6回表は幡豆の気迫のピッチングで無失点。7回表、幡豆から保田に代わるもフォアボールからヒット4本を打たれて4失点。7回裏の最終回、全員が全力で最後までやるべきことをやりきるのがこの大会の目標。先頭の木下がセンター前ヒット。2死になるも中田のライト前、代打の髙橋がフォアボールを選び、パスボール、北川のタイムリーで2点を返し、この日最大の盛り上がりを見せる。しかし続く藤田がセンターへのフライでゲームセット。試合には負けてしまったが雰囲気では決して負けていなかった。毎試合毎試合、試合を通じて成長している。この負けを次の関東大会代表決定戦にぶつけて悔いの残らない試合にしよう。


荒川シニアさん、本日はグラウンド提供ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー