公式戦

本日は東東京支部・一年生大会「東京神宮シニア」さんとの公式戦です。

東練馬シニアグラウンドで行われました。 


バッテリー:幡豆・保田-師星

規定により6回コールド


1回裏、先頭打者を三振に打ち取り続く2番打者のライト前ヒットの当たりをセカンド宮澤がダイビングチャッチするもファーストへの送球が逸れランナー1塁。続く3番を2ストライクに追い込んでからのデッドボール。相手の4番に2球目やや高めに浮いたボールを左中間へ本塁打を打たれ3失点。2回表2アウト後、保田のレスト線への2塁打、幡豆がデッドボールで出塁し2アウト1・2塁。師星が低めをうまく捉えいい当たりだったがセカンドライナーでチャンスものにできずこの回無得点。2・3回と1点づつ失い0-5と苦しい展開。4回表1アウト後、中田のショートゴロ悪送球で出塁、保田のセーフティーバントの送球もそれて1.2塁のチャンス。ここで師星が初球を捉えレフトへの3点本塁打。5-3と点差を縮める。しかし、その裏0点で抑えたかったが1点を取られ流れを持ってこれない展開。5回裏もエラー、ヒットと塁がたまり3点本塁打を浴びて点差が開いてしまう。6回裏も1アウト後、相手の4番にこの日2本目の本塁打を打たれてしまいゲームセット。

今日の試合は相手のファーストストライクをフルスイングしてくる所、積極的にうちに行く所、本来うちがやろうとしてることを見事にやられてしまい完敗だった。ベスト8とベスト4の違い、壁の厚さを痛感した試合となった。選手それぞれが非常に勉強になる試合だったと思う。この壁を超えるためにまた1から練習あるのみ。そしてひたすら振り込む。徹底的に振り込んでこの差を詰めるべく練習しよう。この悔しさをバネにこの冬練習し次回リベンジできるようなチームを作っていこう!


本日のエキサイティング・プレーヤー!

師星 光太朗くん

第一打席のセカンドライナーはしっかり最後までボールを見て顔を残したバッテイング。練習意識が出ていた。続く第二打席は初球を打ちに行き、且つ顔を残してフルスイング。見事なレフトへの本塁打だった。公式戦では初の本塁打。お見事。初盛!


宮澤 志誠くん

守備ではライト、センター抜ける打球も足で追い最後にダイビングし外野へ打球が行かない守備ができるようになってきた。またグラブも上に浮かずしっかり補球体制にも入れるようになっている。日頃の練習の成果が出ている。以前よりもセカンドから周りへの声掛けを自ら行いリズムも作っている。またバッテイングでもライト前ヒット、センターへのいい当たりのライナーなど左肩を開かないように意識した形も出来ており、やるべき事をやろうという姿勢がよく出ている。アッパレ!


東練馬シニアさん、いつもグラウンド提供ありがとうございます。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー