【チーム紹介】

沿 革

足立フェニックス(現:足立中央シニア)は、昭和46年設立の小学部を中心として、その卒団生や近隣地区の小学生軟式野球出身者で構成され、昭和48年に創部設立された中学生硬式野球チームです。

当初、日本硬式野球連盟に所属し、その後東京地区に所属していた12チームで発展的に東日本少年野球硬式野球連盟(通称・Uリーグ)を設立所属致しました。

導方針

選手たちの安全、健康を第一に、将来を見据えた指導を重視しています。

集団活動を通じ、人間性、社会性を重んじる一般社会人としての養成を前提に、中学時期の成長段階で最も大切となる基本技術(走攻守技術に関する正しい体の使い方等)を徹底的に指導しています。

この先、選手たちが様々な局面を乗り越え、大きく飛躍して行くため、早期に備えておくべき大切なものと考えています。

「将来を見据えた指導」をチーム指導方針として下記指導者心得に従い今後も活動していきます。

導者心得

・スタッフ全員が指導方針を理解し指導を一貫すること

・挨拶・礼儀・感謝の気持ちを率先して養成していくこと

・チームプレー、助け合いの精神を選手に植え付けること

・突発的、端的な技術指導は行わないこと

手心得

・感謝の気持ちと助け合う気持ちを忘れないこと

・基本を大事にし小さなことを積み重ねること

・全ての事に対し万全な準備をすること

・失敗を恐れず強い意志、覚悟をもってプレーすること

・一人一人がチームを作り上げる意識と誇りをもつこと

・学業に励むこと

~意志あるところに道は開ける~

dachi-Chuo Senior

当クラブではAEDを完備しております

img-logo-01.jpg