オープン戦

本日は「荒川シニア」さんとのオープン戦です。

荒川シニアグラウンドで行われました。


第1試合(2年生中心)

バッテリー:瀧口・山中ー矢野・青木


1回田中が四球を選び山中がしぶとくライト前へのヒットを放つ。続く加藤がライトへの先制タイムリー。河田が四球を選び片倉のライト前のタイムリーで追加点。1アウト満塁の好機だったがダブルプレーで2点止まり。6回に相手のミスなどで2点を追加。4-2で迎えた7回裏先頭バッターのヒットの後2死を取るもヒットなどで2死2・3塁と一打同点のピンチ。相手バッタの1塁線のあたりを加藤がうまくキャッチしゲームセット。ミスの少ない締まったゲームとなった。



第2試合(1年生)

バッテリー:星野・松崎・村松ー工藤・林


初回に先制され、2回デッドボールやエラーで3点を取られて苦しい展開。2回裏に1点を返し、3回、4回を0点に抑えた4回裏浅香のツーベースを口火に塁をため、工藤、清塚の連続タイムリー、加藤のツーベース、星野のタイムリーなどで一挙7点を取り逆転。リリーフした松崎、7回村松がきっちり抑え勝利した。



第3試合(2年生)

バッテリー:鶴見・大場・青木・山中ー安岡・矢野


1試合目の先発メンバー以外のメンバーを中心に臨んだ試合。2回、2アウト2塁とし岩崎がライトへしぶとく落とし先取点。2回裏ヒット、エラーなどで2点を取られて逆転を許す。その後継投し3投手で0点に抑えるも得点が奪えずそのままゲームセット。1点差で敗れたもののチームとしての課題である雰囲気の作り方などは着実に出来てきている。



本日のエキサイティング・プレーヤー 1人目


加藤 将稀くん

1試合目、1回のライトへ逆らわないバッティングでの先制タイムリー。守備では7回裏の2アウト2・3塁一打同点の場面で1塁線へのあたりを見事にキャッチ。声もよく出ていて、試合中先輩を鼓舞し引っ張る姿にアッパレ。



本日のエキサイティング・プレーヤー 2人目


村松 瑛太くん

今日の1年生キャプテンとして率先してよく声を出し、一生懸命周りを盛り上げ続けた。投げては最終回の抑えとして登板。3人を完ぺきに抑えた。最後の奪三振も体を大きく使って投げた渾身の1球だった。ナイスピッチング!


荒川シニアさん、本日はお招きいただきオープン戦ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー