top of page

関東大会 足立中央(浦和シニア)

本日は2023ミズノ旗杯秋季関東大会、2回戦「浦和シニア」さんとの公式戦が浦和シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:保田・幡豆・木下 - 若菜


関東大会2回戦。初回、3者凡退に終わった後の1回裏。2アウトランナー2・3塁のピンチで相手5番打者にセンターへの2点タイムリーを許し先制される苦しい展開。2回裏も、調子の上がらない保田が1アウト1・2塁の場面を作ってしまい、ここで支部大会、関東大会初登板の幡豆に継投。四球で1アウト満塁にするがレフトフライ、三振でこのピンチを切り抜ける。3回表、先頭の高橋が死球で出塁、宮澤のセンター前でチャンスを広げ、続く木下が3塁線を破るタイムリー2塁打でノーアウトランナー2・3塁のチャンスが続く。しかし保田のセーフティーバントは投手正面、若菜が三振、中田が粘るもレフトフライに終わり、この回1点どまり。格上相手に攻めきれなかったことが響き、3回以降徐々に相手のペースで追加点を許し、1- 8で敗戦。関東大会は2回戦で幕を閉じた。


支部大会で代表決定戦を勝利し、関東大会の1回戦も勝利、この秋季大会で様々な経験をできたことは非常に大きい。しかし、強豪チームに勝利するには今に満足することなく、更に個々の力を上げなければまた同じ結果になってしまう。この秋から冬は自分に厳しく練習し、春の大会で更に上の結果が伴うように頑張ろう!


本日のエキサイティング・プレーヤー!


幡豆 卓哉くん(2年生)

2回途中、ピンチの場面で支部大会、関東大会通じて初登板。伸びのストレート、スライダーを使いながら苦しい場面を乗り切った。失点はしたものも、楽しそうに投げ、みんなに声を掛け、今後春までどこまで成長してくれるか楽しみなピッチングを見せてくれた。熱盛!

浦和シニアさん、本日は公式戦ありがとうございました。また、浦和シニア・連盟関係者のみなさま、本日は朝早くからグラウンド準備・設営など、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

コメント


新着記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page