秋季大会(練馬北シニア)

本日は東東京支部・秋季大会1回戦、練馬北シニアさんとの公式戦です。 酷暑の練馬シニアグラウンドで行われました。

バッテリー:吉岡・大場ー宇藤・岡野

規程により5回コールド 試合前のシートノックでアクシデントが発生し、急きょ正捕手を欠く形で始まったこの試合。

想定外の状況に重苦しい空気がチーム内に広がったが、1回表、先頭打者の石田がいきなり左翼手越えの2塁打を放ちチームに勢いをつけると、②番赤池、③番吉岡、④番大場の4連続安打で加点し、その後も安打などで一挙に5点を挙げた。

2回以降も小刻みに加点し、終わってみれば11安打12得点の猛攻を見せた。

投げては、先発の吉岡が4回1失点と力投、最終回は大場が3人でピシャリと抑え、見事1回戦をコールドで突破した。

本日のエキサイティングプレーヤー

赤池 昌紀くん

4打数3安打の猛打賞。

1回表、無死2塁の好機、右翼手越えの3塁適時打を放ち、チームに勢いをもたらした。

その後も好機でも勝負強い打撃を披露し、勝利に貢献した。

守っても、中堅手として堅い守備を見せるだけではなく、機転を利かせたプレーでピンチを救った。

今日の「熱盛」プレー!

小林 大悟くん

5回表、塁上に走者のいる好機で、中堅手前に打ち返し打点を挙げた。

投手の足元を狙ったお手本通りの打撃に、ベンチから歓声が上がった。

その歓声に「ザ・末っ子」と言うスマイルで応える姿が印象的だった。

練馬シニアさん、本日はグラウンドを提供して頂き、ありがとうございました。

新着記事
アーカイブ
カテゴリー